2017年05月09日

ブルガリ アクア ディヴィーナ ジュエルチャーム EDT・SP 25ml

AQVQ DIVANA EAU DE TOILETTE SPRAY 25ml


イタリアン・ハイ・ジュエラーとして不動のステイタスを築いている「ブルガリ」。1884年からつづく歴史的なジュエラーで、2014年には130周年の大きな節目をむかえました。アール・デコやアール・ヌーヴォーなどの華美なデザインを追求したほかのハイ・ジュエラーとは異なり、ローマン・アートにのっとったソリッドなデザインでアイデンティティを確立しました。ウォッチ・ラインも世界的に人気があります。

こちらはそんなブルガリのフレグランス・ラインから、2015年に発売されたレディス香水です。2014年のメンズ香水「アクア・アマーラ」とのカップリング香水となっております。ボッティチェリの絵画「ヴィーナスの誕生」にインスパイアされた作品で、香りは神々しいようなアクアティック・フローラルの香調がベース。アーティスティックなブレンドが光った、ウェルメイドな一品にしあがっております。

ベルガモット、ソルト・クリスタル・アコード、レッド・ジンジャーなどが、みずみずしくて輝かしいシトラス・アクアを香り立たせるトップから、
マグノリアやクウィンスなどが、まろやかで華やかなフルーティー・フローラルをただよわせるミドルへ。
ラストはビーワックス(蜜蝋)、プレシャス・ウッド、アンバーなどが、メロウでグラマラスなスウィートをいやみなく香らせて、気品のあるセンシュアル・クオリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、このブルガリ・ラインの「ブルガリ・ブルー」や「オムニア」、キャロライナ・ヘレラの「212」などを手がけている、当代随一のマエストロ、アルベルト・モリアスです。トップの、シトラスとソルトのマッチングが特徴的で、ソルト・アコードのアクアティックな情感が、コンテンポラリーでユニークな印象です。どちらかというと香水通好みの一品といえるかもしれません。春や夏のシーズンにベストマッチすると思います。ウェアはあまり問わない感じで、シックなものでも、カジュアルなものでも似合うでしょう。

ボトルやボックスもエクセレントなたたずまい。壮麗な女性像をイメージしたボトルが、特に美しく、目にうるさくないデザインです。

posted by hiromi at 22:07| Comment(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

ブルガリ アクア ディヴィーナ EDT・SP 65ml

AQVQ DIVANA EAU DE TOILETTE SPRAY 65ml


イタリアン・ハイ・ジュエラーとして不動のステイタスを築いている「ブルガリ」。1884年からつづく歴史的なジュエラーで、2014年には130周年の大きな節目をむかえました。アール・デコやアール・ヌーヴォーなどの華美なデザインを追求したほかのハイ・ジュエラーとは異なり、ローマン・アートにのっとったソリッドなデザインでアイデンティティを確立しました。ウォッチ・ラインも世界的に人気があります。

こちらはそんなブルガリのフレグランス・ラインから、2015年に発売されたレディス香水です。2014年のメンズ香水「アクア・アマーラ」とのカップリング香水となっております。ボッティチェリの絵画「ヴィーナスの誕生」にインスパイアされた作品で、香りは神々しいようなアクアティック・フローラルの香調がベース。アーティスティックなブレンドが光った、ウェルメイドな一品にしあがっております。

ベルガモット、ソルト・クリスタル・アコード、レッド・ジンジャーなどが、みずみずしくて輝かしいシトラス・アクアを香り立たせるトップから、
マグノリアやクウィンスなどが、まろやかで華やかなフルーティー・フローラルをただよわせるミドルへ。
ラストはビーワックス(蜜蝋)、プレシャス・ウッド、アンバーなどが、メロウでグラマラスなスウィートをいやみなく香らせて、気品のあるセンシュアル・クオリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、このブルガリ・ラインの「ブルガリ・ブルー」や「オムニア」、キャロライナ・ヘレラの「212」などを手がけている、当代随一のマエストロ、アルベルト・モリアスです。トップの、シトラスとソルトのマッチングが特徴的で、ソルト・アコードのアクアティックな情感が、コンテンポラリーでユニークな印象です。どちらかというと香水通好みの一品といえるかもしれません。春や夏のシーズンにベストマッチすると思います。ウェアはあまり問わない感じで、シックなものでも、カジュアルなものでも似合うでしょう。

ボトルやボックスもエクセレントなたたずまい。壮麗な女性像をイメージしたボトルが、特に美しく、目にうるさくないデザインです。

posted by hiromi at 00:29| Comment(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする